HOME > 商品・サービス > 緊急地震速報受信システム > 緊急地震速報受信ソフト (EQMessenger) > EQMessenger システム構成例 (複数拠点監視)

EQMessenger システム構成例 (複数拠点監視)

ANETが配信する緊急地震速報「ANETアラート」を、「EQMessenger Std」を用いて受信し、自拠点の放送設備等で報知するとともに、他の拠点の予測震度を監視する場合の構成例です。

EQMessenger システム構成例 (複数の拠点に配信する場合)

特徴

  • 本社や防災担当部署に「EQMessenger Std」と受信端末を設置した場合の構成例です
  • 受信端末を介して、ビル内やフロア内の放送設備による一斉放送やエレベータ制御をすることができます
  • 表示ソフト「EQMessenger Std」で、受信した緊急地震速報を監視することができます
  • 表示ソフト「EQMessenger Std」で、各拠点の予測震度や設定した閾値を越えたかどうか監視することができます
  • お客様によるサーバ等の管理が不要です
  • 各拠点に受信端末を設置する場合に比べて非常に低価格でサービスが受けられます
  • 「EQMessenger Std」の代りに「EQMessenger 7」を設置して頂ければ、拠点Aで複数の受信端末や表示灯による報知を行うことができます。

活用例

  • 全国規模の企業/学校/公官庁/施設などでの多数の拠点での被害状況の把握と復旧支援

資料請求・お問合わせ先

ページトップへ

Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
  Adobe Flash Player このサイトには、Adobe社Adobe Flash Playerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。