HOME > ニュース・お知らせ > 第6回緊急地震速報利用者懇談会を開催


ニュース・お知らせ
ニュース・お知らせ
お問い合わせ

ニュース・お知らせ

2016年1月5日

第6回緊急地震速報利用者懇談会を開催

平成27年11月20日、弊社は公益財団法人鉄道総合技術研究所(以下、鉄道総研)殿と共同で「第6回緊急地震速報利用者懇談会」を開催しました。
冒頭、弊社代表取締役 大島洋志の開会挨拶に続き、気象庁地震火山部管理課地震津波防災対策室長様からご挨拶を頂きました。 その後、京都大学防災研究所殿より「揺れる前に地震を知らせる」というテーマで、緊急地震速報の実用化の背景から内容までわかりやすくご講演いただき、気象庁殿からは、数年後に予定されている緊急地震速報の更なる精度向上方策を解説いただきました。 鉄道総研殿からは早期地震検知のみでなく鉄道の早期運転再開支援に関する最近の研究成果をご紹介いただきました。
今回は、ANET創立10周年ということもあり、鉄道事業者はじめ建設事業者、学校、研究機関など計35社、61名の多くの方に参加いただきました。
懇談会終了後の意見交換会にも、50名ほどの方にご出席いただき、成功裏に閉会することができました。
懇談会および意見交換会にて活発なご議論をしていただいた皆様には、この場を借りて御礼申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたします。

以下に今回の懇談会の講演題目を示します。

  1. 実用地震学:揺れる前に地震を知らせる【京都大学殿】
  2. 緊急地震速報の高度化への気象庁の取組み【気象庁殿】
  3. 路線沿いの地震動推定と早期運転再開支援の高度化【鉄道総研 鉄道地震工学研究センター殿】
  4. ANET10年のあゆみと今後の展望【ANET】

第6回緊急地震速報利用者懇談会

当日の弊社の発表資料をご覧頂けます。
ANET10年のあゆみと今後の展望

ページトップへ