HOME > 研究・開発

研究・開発

株式会社ANETでは、防災に係わる技術の研究および、防災情報の配信、活用システムの開発に力を注いでおります。
また、研究開発の成果は論文等で積極的に広報し、関係各分野より、高い評価を頂いております。

各賞受賞

受賞年 受賞名 受賞者 内容
2010 平成22年春の褒章 紫綬褒章 芦谷公稔 早期地震警報のための地震諸元推定方法の開発
2008 平成20年度日本発明表彰・発明賞 芦谷公稔
小俊一 他
「単独地震観測点による早期地震諸元推定方法の発明(特許第3695579号)」
2007 日経BP技術賞(建設部門)受賞 芦谷公稔 他 「地震の発生を知らせる緊急地震速報システムの開発と運用」
2006 平成18年度文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門) [PDF 39k] 芦谷公稔
小俊一 他
業績名「早期地震警報のための地震諸元推定方法の開発」
2006 日本地震学会論文賞 [PDF 32k] 小俊一
芦谷公稔 他
受賞論文「P波エンベロープ形状を用いた早期地震諸元推定法」

報告・論文

著者 タイトル 雑誌・出版社名等
2015 Masashi Ogiso, Hirotoshi Matsubayashi and Tetsuya Yamamoto Descent of tremor source locations before the 2014 phreatic eruption of Ontake volcano, Japan Earth, Planets and Space 2015, 67:206
2014 松林・宮腰 Bスプラインによる波形データの変動オフセット補正 物理探査学会学術講演会講演論文集,130巻(2014年春季)
2011 芦谷公稔 東北地方太平洋沖地震およびその地震動の特徴 日本鉄道施設協会誌,2011年10月号
2011 下野・岩田・是永・野田・小野・山本 利用目的に応じた地震動指標の距離減衰式を作成するための一般化手法の提案 第66回土木学会年次学術講演会・T要集第T部門
2011 是永・岩田・山本・野田・下野・小野 早期地震情報の利用を念頭に置いた距離減衰式の提案 第66回土木学会年次学術講演会概要集第T部門
2011 他谷・児玉・中嶋・下野・大庭・中村 震源近傍域における早期地震警報判断手法の検討
Development of the new EEW method available for the area near hypocenter
日本地球惑星科学連合, 2011年大会予稿集
2008 芦谷公稔 緊急地震速報システムの普及を図る RRR,65巻12号
2008 芦谷公稔 緊急地震速報システムの実用化 化学経済,2008年12月号
2008 芦谷公稔 鉄道における緊急地震速報の活用 映像情報メディア学会誌,62巻9号
2008 芦谷公稔 緊急地震速報と鉄道におけるその活用例 地盤工学会誌,56巻7号
2007 芦谷・佐藤・岩田・是永 鉄道の地震警報システムにおける緊急地震速報の活用 物理探査,60巻5号
2007 芦谷公稔(共著) 緊急地震速報 東京法令出版
2007 芦谷公稔 緊急地震速報の鉄道での活用 建設関連業月報,8月号,通巻313号
2007 芦谷公稔 緊急地震速報を活用した地震警報システムの実用化 RRR,64巻1号
2007 芦谷公稔 鉄道における新しい早期地震警報システムの実用化 検査技術,12巻6号
2007 芦谷公稔 緊急地震速報を活用した早期地震警報システム 日本地震工学会誌,5号
2006 芦谷公稔 緊急地震速報を活用した列車制御システム 建築防災,342号
2006 T. Odaka, K. Ashiya, S. Tsukada, T. Miyauchi New Stand-Alone and Advanced Earthquake Early Warning Systems Designed to Protect Railways Transport. Res. Record: Journal Transport. Res. Board, No. 1943
2006 芦谷公稔(共著) 巨大地震と高速鉄道〜新潟県中越地震をふりかえって〜 山海堂
2005 中村・佐藤・芦谷 鉄道における新しい早期地震警報システム コンクリート工学,44巻5号
2005 芦谷公稔 緊急地震速報を活用した早期地震警報システムの開発 RRR,62巻12号
2005 中村・岩田・芦谷 地震時運転規制に用いる指標と鉄道被害の統計的な関係 鉄道総研報告,19巻10号
2005 芦谷・大竹・佐藤・中村 緊急地震速報を活用した地震警報システムの実用化 鉄道総研報告,19巻10号
2005 芦谷公稔 緊急地震速報を活用した早期地震警報システムの開発 JREA,48巻6号
2005 T. Odaka, H. Nakamura, K. Ashiya Difference in the initial slopes of the P-wave envelope waveforms of the main shock M7.4 and foreshock M7.1 of the 2004 off the Kii peninsula earthquakes Earth Planets Space, Vol. 57, No. 4
2005 芦谷公稔 早期地震警報システム RRR,62巻2号
2004 岩橋・岩田・佐藤・芦谷 早期地震警報システムの実用化 鉄道総研報告,18巻9号
2004 束田・小高・芦谷・大竹・野坂 P波エンベロープ形状を用いた早期地震諸元推定方法 地震U,56巻4号
2004 芦谷公稔 鉄道における地震警報システムと強震観測 防災科研資料264号
2004 芦谷公稔 早期地震警報のための地震諸元推定方法 RRR,61巻2号
2004 芦谷・大竹・中村 緊急地震速報を活用する列車制御システムの開発 鉄道と電気技術,15巻9号
2004 芦谷公稔 地震警報システムの開発経緯と現状 JREA,47巻6号
2004 芦谷公稔 早期地震警報システムについて 汎交通,104巻7号
2004 K. Ashiya Earthquake Alarm Systems in Japan Railways Journal of JAEE, Vol. 4, No. 3
2004 芦谷公稔 地震時の列車制御システム 施設協会誌,42巻6号
2004 芦谷公稔 早期地震警報のための地震諸元推定方法 RRR,61巻2号
2004 芦谷・中村 鉄道における早期地震警報の現状 月刊地球,号外No.46
2004 芦谷・中村 地震発生時の列車運行の制御 検査技術,9巻1号
2003 T.Odaka, K.Ashiya, S.Tsukada, S.Sato, K.Otake, D.Nozaka A new method of quickly estimating epicenter distance and magnitude from a single seismic record BSSA, 93, 1.
2003 芦谷・束田・中村・室野 リアルタイム地震防災システムの開発 運転協会誌,第45巻第9号
2003 芦谷・束田・他谷・小高・佐藤・大竹・中村 ナウキャスト地震情報を活用した早期地震警報システム 鉄道総研報告,17巻8号
2002 佐藤・他谷・芦谷 新しい地震諸元推定アルゴリズムを用いた警報用地震計の開発 鉄道総研報告,16巻8号
2002 室野・芦谷 早期被害推定のための鉄道構造物の地震被害ランク推定方法の開発 鉄道総研報告,16巻8号
2002 束田・小高・芦谷 早期地震検知における新しい地震諸元推定方法 鉄道総研報告,16巻8号
2002 芦谷・室野 鉄道における早期地震警報システム 土木学会誌,87巻12号
2002 芦谷・小高・束田・横田・加藤・上垣内 ナウキャスト地震情報とその早期地震警報への活用 物理探査,55巻6号
2002 芦谷公稔 新しい早期地震警報システムの開発 鉄道と電気技術,第13巻9号
2002 芦谷公稔 地震の主要動が到達する前に列車を未然に止めるシステムの開発 高圧ガス,第39巻7号
2002 K. Ashiya Development of a New Early Earthquake Detection and Alarm System QR of RTRI, Vol.43, No.2
2002 芦谷・佐藤・束田・室野・小高 ナウキャスト地震情報を活用した早期地震警報システムの開発状況 第11回日本地震工学シンポジウム論文集
2001 芦谷公稔 将来型早期地震警報システムの研究計画 新線路,55巻4号

ページトップへ

Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダ・Eンロードをお願いいたします。
  Adobe Flash Player このサイトには、Adobe社Adobe Flash Playerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。